医学部予備校

予備校というと、大学受験を目指す高校生、あるいは浪人生などが通う学校というのが一般的なイメージだと思います。

中間・期末テスト対策など学校の勉強のフォローなども行なってくれることが多い「学習塾」とは違い、
予備校の場合は完全に受験に特化した勉強がメインで、いかに生徒を合格へと導くかが予備校のもっとも重要な目的となっています。

実は私は学生時代に予備校のアルバイトをしていたことがあるのですが、
その予備校では最新の入学試験の傾向をいち早く生徒に提供するため、
最新の入試情報の収集や入試問題の分析にかなり力を入れていたという印象があります。

教え方のうまい名物講師なども予備校のウリのひとつではありますが、
おそらくどこの予備校も入試に関する情報の収集にはかなり力を入れていたのではないかと思います。

そんな予備校の中でも、医学部の受験に特化した医学部予備校と呼ばれる予備校があることはご存知でしょうか。

私は医学部受験なんてユメにも思わなかったので、
その存在はあまりよく知らなかったのですが、調べてみると全国各地にかなり多くの医学部予備校があるんですね。

160129cbb20bab6227f01dcb65fb696c_s

もちろん、医学部に特化していない予備校でも医学部の受験勉強をすることができますが、
多くの予備校がデータ収集に力を入れていることを考えると、
医学部専門の予備校ではやはり医学部受験のデータを集中して収集しているはずですから、
一般の予備校に比べて教材の質や講師の生徒への教え方などはかなり専門的になっていると考えられます。

医学部予備校の多くは、少人数制だったり、
個別指導だったりと比較的生徒と講師との距離が近いスタイルで学べるところが多いようなので、
ひとりひとりの得意・不得意に合わせて勉強を進めていくことができるといいます。

また、通っている生徒もみな医学部や医療系の学部を目指す人ばかりですから、
お互いに切磋琢磨しあいながら実力をつけていけるというのも大きな魅力といえるかもしれません。